-shared-img-thumb-PAK77_sumahodetel20140823111801_TP_V.jpg

HOME > 収入保障保険と終身保険

≪収入保障保険より終身保険のほうが断然お得かも!》

皆さんも収入保障保険という保険の特徴は詳しく聞いたことがあるでしょうか?
収入保障保険は、死亡時に保険金を毎月「10万円~20万円」の年金という形で受け取ることのできる保険です。
定期保険はある一定の期間、ずっと同じ金額の保障が続くのに対し、収入保障保険は年数が経過するごとに受け取れる保険の総額が逓減していくのが特徴です。
その分、定期保険よりは掛金が少なく済ませることができるようになっています。
万が一の時の保障として掛け捨てで備える保険の種類は、この収入保障保険と定期保険になります。
それに対し、掛け捨てではなく、貯蓄性も持たせつつ死亡時の保障も持つことができるのが終身保険です。
終身保険は、満期時に解約しても今までかけてきた保険金より上乗せした金額が解約返戻金として手元に返ってきます。
しかし、収入保障保険などは、今まで支払ってきた保険金はすべて掛け捨てになり、死亡しない限りはお金が返ってきません。
毎月数千円~1万円を10年単位で支払っていったとしたら、満期時にはいったいいくら保険金として支出したことになるのでしょう?
これが全部掛け捨てになるというのは、とてももったいない話ですよね。
そのため、掛け捨て型は手頃に死亡保障を備えるには魅力的ですが、収入保障保険や定期保険の掛け金を減らし、終身保険として死亡保障を一生涯持つようにしたほうがお得だと私は思います。